売却の場合

管理にかかる時間や手間をなくし、かつ換金できるのが売却です。売却すれば、空き家にかかる固定資産税を支払わなくてよくなります。売却と一言で言ってもどんな手続きを踏めばいいのか分からないという方も多いかと思いますので、弊社不動産会社がすべてサポートいたします。

空き家を売却する方法

  1. 01 そのままで売却

    中古戸建、古家付き土地での売却

    そのままの状態で売却することを「中古戸建」あるいは「古家付土地」での売却といい、手間がかからず負担費用が少ないことがこの方法のメリットになります。「中古戸建」にかかるリフォーム費用、「古家付土地」にかかる解体・造成・測量といった費用は、すべて買主の負担になります。買主が様々な費用を負担する仕組みであるため、売却価格は安くなる傾向にありますが、収益性よりも手間や時間をなくしてリスクを減らしたいという方には最適な方法です。

  2. 02 解体して売却

    更地での売却

    解体して売却する「更地」での売却は、空き家解体にかかる費用や時間といった負担をすべて売主が負うので、「古家付土地」よりも比較的高く早く売却できます。その代わり、この方法には注意しなければならないことがいくつかあります。解体工事の場合、建物自体のみではなく、周りの庭木やブロックなどの処理費用も含んだお見積りとなります。また、地中に埋まっている浄化槽等も対象になりますので、すべて明確に記した上で算出したお見積りが必要になります。空き家管理プログレスでは、このあたりもすべて明朗にしております。

  • 売却のメリット

    • 維持管理が不要になる
    • 固定資産税がかからなくなる
    • 売却代金を購入資金に充てられる

    毎月1回空き家を巡回します。建物内部には入らず、外部からの目視点検となっています。報告書の作成や看板設置による犯罪抑止などを含んだ空き家管理プランになります。

  • 売却のデメリット

    • 所有権がなくなる(資産を失う)
    • 収益を得られなくなる
    • 仲介手数料や登記費用等がかかる

    売却して買主のものになれば、空き家に対する権利を失います。また、売却には仲介手数料や登記費用といった負担も多くかかります。

空き家を売却すれば、その分お金になりますし管理も不要になります。しかし、売却にもデメリットはあります。ただ売却をお考えの方にとって、管理の手間がなくなるということは何よりも最大のメリットとなりますので、ご興味がある方は空き家管理プログレスにご相談ください。また、疑問点や気になることもいつでもお問い合わせいただき、今お持ちの不安や疑問を解消してください。

不動産会社はどう選ぶべき?

空き家を売却する際は、お客様のお住まいに近い不動産会社ではなく、空き家の近くにある不動産会社を選ぶようにするのがおすすめです。不動産会社はその地元や地域の生活・不動産の事情に一番詳しいので、相談や対応をスムーズに進めることが可能です。空き家管理プログレスは、日本全国で対応しておりますので、それぞれの場所に最適な空き家対策が可能です。売却に興味をお持ちの方は、お気軽にご相談いただければと思います。

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談