賃貸の場合

空き家を残しておきたいけど管理は面倒だなとお考えのお客様、そのような場合は賃貸住宅として活用するのが最適です。人が住み続ければ、ご自分で空き家の管理をしなくても空き家を住める状態で長く保つことが出来ます。

空き家を賃貸住宅にする

近年、空き家を賃貸戸建に新築する方が増えてきています。賃貸戸建は、実は供給が追い付かないほど需要が高いのです。また、築年数や立地に関係なく安定して家賃収入を得られるのも人気を集めている理由のひとつでしょう。ただし、アパートのような他の土地活用と比べると収益性はそこまで高くありません。リスクを小さくして収益を得たいという方には最適の方法といえるでしょう。賃貸戸建には、中古戸建として売却できるメリットがあり、他の物件と比べると短期間で売却することが出来ます。

賃貸物件としての活用

賃貸としての活用をお考えの場合、そのメリット・デメリットをきちんと理解したうえで決定することをおすすめします。家を残すということは、管理の手間がゼロになるということではありません。お客様の時間や体力、ライフスタイルを考慮し、空き家管理に必要以上に振り回されないよう慎重に選んでいただければと思います。分からないことや不安がありましたら、いつでも弊社までご連絡ください。

  • 賃貸のメリット
    • 賃貸経営による家賃収入が得られる
    • 将来、戻って住むこともできる
    • 資産を保有し続けられる

    空き家といえども資産です。うまく活用すれば収益を得ることが出来ます。手放すのはもったいない、とお考えなら賃貸は有効な活用方法でしょう。

  • 賃貸のデメリット
    • 収入がない期間が生じる可能性有
    • 入居者トラブルが発生する可能性有
    • 賃貸経営上の手間がかかる

    入居者がいない場合は収入を得る事は出来ず、また入居者との間でトラブルが起きる可能性もあります。賃貸経営には様々なリスクが存在することも理解しなくてはなりません。

相続した実家を手放したくない、まだ新築だから解体してしまうのはもったいないなど、空き家にもさまざまな状況があります。特に、住居として活用できる状態ならば、資産として残し活用する方がメリットがかなり大きいでしょう。賃貸の経営について全く知識がなくても、空き家管理プログレスならば代行運営も承りますので、安心してご依頼ください。お客様のご要望に沿えるよう、徹底的にサポートいたします。

解体して賃貸物件を新しく建てる方法も?

空き家を一度解体してしまい、賃貸物件を新築するというパターンも増えてきました。特に多いのがアパートです。人口が多く生活施設がある程度揃っている地域ならば、その需要が見込めます。また、地域のニーズに特化させた賃貸物件ならばリスクを減らし収入を増やすこともできるでしょう。賃貸物件を新築し収入を得ることをお考えならば、失敗を避けるためにも不動産会社に相談しながら進めていくとよいでしょう。ぜひ空き家管理プログレスにご相談ください。

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談