不審者や動物の侵入に注意しましょう

管理が不十分な空き家は不審者に侵入され、そのまま住居として勝手に利用されてしまうことがあります。例え玄関のドアが施錠されていたとしても、窓ガラスを割って侵入する場合が多いため、放火の被害に遭ったり落書きされたりする可能性もあります。また、不審者だけでなく、ネズミや野良猫などの害獣が侵入して家の中を荒らされるケースも増えています。

狙われやすい空き家の特徴

  • ドアや窓など出入ができる箇所の施錠がされていなくて、誰でも簡単に進入できる家
  • フェンス等で周囲を囲んでいない家
  • 建物の周りが暗く、人目につきにくい家
  • お庭に雑草などが生い茂り、敷地内や建物の中が見えにくい家
  • 誰も管理していなさそうな様子がうかがえる家(放置されている家)
狙われやすい空き家の特徴に当てはまっていませんか?

上記の項目に多くあてはまる場合は、特に注意が必要でしょう。不審者は、人を寄せ付けない・目立ちにくいところを狙う傾向があります。空き家という印象を持たれるだけで標的になりやすいので、管理が不十分な場合は、出来る限り管理を徹底させる必要があります。管理について分からないことがある方は、お気軽に空き家管理プログレスまでご連絡ください。

空き家への侵入を防ぐために

  • できる限り人の気配をさせる
  • 定期的な管理作業を行う
  • 看板設置をして管理者の存在を明示する
空き家の管理を行き届かさせ、人の気配のする状態にしましょう

所有する空き家が遠方でなかなか行けない、体力的な問題で管理が十分にできない、そんな場合はご自身だけで抱え込まず、ぜひ一度空き家管理プログレスまでご相談ください。実際に、空き家の内装・外装を点検したり、必要に応じて様々なサービスを行うことが出来ますので、空き家の状況やお客様自身のご都合に合わせてサービスをご利用いただければと思います。空き家への不法侵入を防ぐには、出来る限りの手段を使って対策することが重要です。

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談