放火による火災・火事に注意しましょう

なぜ放火に注意しなければならないのでしょうか?それは放火の標的にされやすいのは、人目の届かない、管理されていない建物・土地であり、空き家が特にその条件にあてはまるからです。また、管理されていない家ではゴミが溜まっていたり、枯れた植物が堆積していたりするため、非常に燃えやすくなっています。そのため、放火されて近隣にまで燃え移ってしまう危険性が非常に高く、見過ごせない問題となっています。

放火されやすいもの

  • 建物の周りに捨てられているゴミ、木くずや紙くず
  • 枯れ木、枯草
  • 家自体

放火されやすい家

  • 門や扉が無かったり、施錠されていないため、どんな人でも簡単に進入できる家
  • 周りの誰も見ていないと推測できる家
  • 建物の周りや建物の中に上記のような放火されやすいものがある(見える)家
  • ドアや窓が施錠されていない家
管理者不在のままにするのはとても危険です。

【割れ窓理論(ブロークンウィンドウズ理論)】というものがありますが、窓ガラスを割れたまま放置しておくと、その建物は管理されていないと思われ、ごみが捨てられていき、その周辺をはじめとして地域の治安が悪化し、凶悪な犯罪が起こるようになるという犯罪理論のことです。管理者が不在であるとわかってしまうと、人はいたずらをしやすくなります。初めはいたずら程度でも、それが悪化していき、犯罪誘発につながるのです。

放火を防ぐために

  • 敷地をフェンス等で囲み、侵入を拒む対策をする
  • 放火されやすいものは放置しない
  • ガスや電気は止め、灯油やガスなどの危険物は置かない
  • 夜間、建物を照らす照明を設置する
  • 管理者がいることを明示し、管理されていることを示す
  • 近隣住民と連絡を取り、協力して放火を防ぐ
火災から所有者さまの利益を守るために

空き家所有者の方の利益を守るため、空き家管理プログレスでは、火災保険への加入をおすすめしています。空き家は管理が行き届きにくいことから、火災へのリスクが高く、放火被害に遭うと苦しい状況になるのは所有者様ご自身になります。そんな事態を少しでも軽減するために、火災保険加入をお手伝いいたします。保険会社によっては空き家は対象外としているところもありますので、加入が難しい場合は弊社までご相談ください。

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談