空き家管理のお役立ち情報

空き家を管理していなかった場合のメリット・デメリット

空き家をお持ちの皆様は、現在どのような管理をしていらっしゃいますか?定期的に草刈りを行っている方や完全に放置してしまっている方…など様々だと思われますが、今回は空き家をしっかりと管理していなかった場合のメリット・デメリットについてお話していこうと思います。

空き家を放置した場合のデメリット

建物には資産的な価値があるので、いずれ売却できる物です。しかし、放置していた空き家を売却する、となれば売却額に大きな差が出来てしまいます。

ご存知の方も多いと思われますが、人の住んでいない建物は老朽化の進みが早く資産価値がどんどん減ってしまうため、いざ「空き家を売却しよう」と思ったとき、驚くほど安い売却額にがっかりする方など少なくありません。

また、20年以上放置しておりリフォームなども行っていないマンション住宅の場合、売却額が大幅に下がってしまうことが多いと言われており、注意しなければなりません。

空き家を管理・維持するメリットとデメリット

上記では空き家を売却する、という場合を例としたデメリットのお話をしましたが、次は売却はせず、管理しておく場合のメリットとデメリットについてお話ししようと思います。

空き家のまま維持しておく場合

・メリット

もし何かあったときなどにいつでも戻ることができる家、というような安心感があると共に、家(建物)という資産を保有しておくことが出来ます。

・デメリット

定期的に管理しなければならない他、掃除や通気、通水など様々な手間が掛かります。また空き巣被害にあってしまうリスクや税金などのコストが掛かり続けてしまいます。

空き家を貸し出すために維持する場合

・メリット

賃貸経営として家賃収入を得られます。また、その家に戻って住む事もできれば、不動産という資産を保有しておくことができます。

・デメリット

入居状況によって収入がなくなってしまうリスクや、家賃滞納などのトラブルが発生してしまう可能性があります。また、住人の退去時に原状回復・リフォームなどが必要になってくる場合が多いので費用がかかってしまったり、確定申告など様々な手間があります。

最後に

以上が空き家管理についてのメリット・デメリットでしたがいかがでしたでしょうか?もし、管理するかどうするかお悩みの方がいらっしゃいましたら、この記事を読んで管理するのか否か、ご決断に至るまでの1つのきっかけになればと思います。

また「管理が面倒だけど空き家を綺麗に維持しておきたい」という方がいらっしゃいましたら、一度「空き家管理サービス」のご利用も考えてみて下さい。ご自宅と離れたところにある空き家でも、こういったサービスにお任せすることで安心かつ綺麗な状態で建物を維持する事ができます。

自分自身で管理することができればいいのですが、それはなかなか大変な事かと思います。勿論、こういった業者に依頼すれば費用が掛かってしまうことは確かですが、どうしても自分で管理できない…という場合には選択肢の一つとして考えて頂ければ幸いです。

空き家と言えども大切な資産、ぜひ綺麗に管理して残していってください。

最後まで閲覧して頂きありがとうございました。

空き家でお困りなら空き家管理プログレスにお任せください!

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談