空き家管理のお役立ち情報

レンタルスペースとして貸す方法!

空き家の活用方法でいろいろお考えの方に今回はレンタルペースとして貸しだすという方法をお伝えいたします。最近では民泊として活用する方法が注目されていますが、現時点では法律がきびしくなかなか認可がおりないことや、競合の増加で宿泊費の値下げブームにより思った収入が得られないという面もあり、こちらのレンタルスペースとしての活用も注目が集まっております。

レンタルスペースとは

レンタルスペースとは、空いているスペースを時間で貸し出しして収入を得るシステムです。レンタル物置、レンタルロッカー、レンタルオフィス、レンタルクローゼット、レンタル会議室、またはお店を開業したいおオーナーさん向けにショップとしてレンタルに出すという方法などいろいろな用途で需要があります。お昼寝スペースや、田舎の空き家ならコテージとして貸し出すのもおすすめです。最近では、週末だけカフェとしてや、夜だけバーとして使いたいなどというオーナー様むけに、日替わりで違うお店として貸し出すレンタルスペースが注目されております。部屋貸しや、フロア貸しという方法もできますが、一軒家をまるまる貸し出しするというのも需要が高まってきております。

レンタルスペースを始めるには

まずは、どのような目的で貸し出すのか、方向性を決めましょう。例えばお店として貸し出すのであれば、借りたい人の気持ちを考え、設備を整えたりリフォームをしたり、人気が出るよう工夫することが大切です。オシャレなインテリアを参考にしてみたりし、お客様を迎える準備が必要となります。もし、リフォームなどに初期投資するお金がない場合は、あえてそのままで撮影スペースとして貸し出し、ドラマのワンシーンに活用する方法もあります。各種手続きなども済ませ準備が整えば、実際に開業となります。仲介サイトに登録したり、ホームページを作って集客を行うことが多いです。何もかもご自身でするには知識がないなどと思った方は、業者に委託しフランチャイズでレンタルスペースに出すということもできます。これにはロイヤリティーが発生しますが、ビジネス運営のノウハウをあまりお持ちじゃない方にはオススメです。

レンタルスペースは儲かるのか・・

先ほど、用途を説明いたしましたとおり、レンタルスペースの貸し出し用途はとても幅広く、貸す側のアイデア次第で無限の可能性があります。内容によって、初期費用や維持費は大きく変わってきます。シンプルにスペースのみ貸し出し、使ったものは全てお客様負担という場合や、光熱費など経費も含めてのレンタル料金を設定する場合もあります。始めるにあたり、宣伝費や光熱費などの抜けがないようしっかり見積りし、上手な運営をしてください。アイデア次第でどんどん儲かる可能性を秘めた活用法ではないかと思います。空き家を放置し眠らせている方はぜひご検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談