空き家管理のお役立ち情報

空き家活用に補助金利用!

皆さま朗報です!2015年5月に「空き家対策特別措置法」というものが施行された現在、国が空き家対策をバックアップしてくれるようになりました。日本は今、増え続ける空き家にもっとも頭を抱えています。日本にある建築物はほとんどが木造建築のため、ほったらかしにすると、湿気でどんどんお家が傷んできてしまいます。ぼろぼろになった空き家がもしも壊れて周りの人に被害をこうむった場合、所有者が責任を取らなければいけません。もし、あなたが空き家を所有されているのなら、継続的にお手入れを続けてください。とはいえ、維持するのにはお金がかかります。現在では、市区町村で色々な、補助金がでる制度が増えております。後から知って損をしたなんてことにならないように、ご自身の地域が空き家対策にどのような補助金制度があるのかしっかり調べてみてくださいね。

補助金のいろいろ

空き家の補助金と一言でいっても、誰にでもどうぞというわけではないようです。補助金の種類によっていくつかの要件を満たしている場合が対象といった流れになるかと思います。ここではどんな補助金があるのか、いくつかご紹介したいと思います。

リフォーム費用補助

空き家を売買や賃貸にだしてどんどん活用していこうと前向きに考える人を対象にしたり、または既に賃貸に出しているが、リフォームにお金をかけれず入居者がなかなか決まらない物件を対象にしていたりする地域があります。補助金の額は全改修費の3/1や上限100万までなど地域によって幅があるようです。賃貸に出す場合が条件など決まりがある場合、自ら住居した場合に違反とみなされ補助金を返さないといけなくなるので、しっかり条件を把握しておくことが必要です。

解体費用補助

空き家を管理しきれなくなった場合などは、古いお家が建ったまま売りにだすよりも、解体して更地にした方が早く売却できると言われています。ですが、解体には追加工事が多く見積額を大幅に越えてしまうケースが多いようです。補助金の細かい条件をクリアすれば解体費用の半分を補助してくれる地域もあるようです。地域によって条件はさまざま。地域の定めた条件を満たせば比較的スムーズに通る場合もあるのでまずは申請してみてくださいね。

家財道具撤去費補助

空き家の売却が決まったなら、引き渡すまでに中にある家財道具を処分しなければいけません。その処分にかかる費用を補助してくれるようです。金額はリフォームや解体など工事費用にくらべると小額のところが多いようですが、とても便利な制度ですね。

 

その他こんなプロジェクトも・・

空き家の新しい活用方法を募集し、優れた提案に対し、実現するための費用を最大500万円まで助成するといったモデル事業を実施しているところもあります。

このように、まだまだ市区町村によってさまざまな補助金がございます。補助金はとっても助かるものであるからこそ、なかなかきびしい条件を満たさなくてはいけません。また、工事などにとりかかる前に申請をしていなければなりません。途中であわてて申請をしても受け付けてもらえなくて、手遅れになるようなことがないように、まずは調べてみてください。また、補助金は後から支払われるため、一度はご自身でたてかえておかなければなりません。そういったことも踏まえて、うまく活用してくださいね!

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談