空き家管理のお役立ち情報

賃貸に出そう!とお考えの方

空き家を所有されている方は、維持するためのお金や労力が必要です。簡単に売買できない思いや理由は人それぞれあるかと思います。だからといって一番ダメなのは空き家をそのまま放置することです。放っておくとたった1年でも、劣化が進み住居としての価値を失ってしまったり、周辺の方にも迷惑をかけてしまったりする場合があります。空き家をどうにかしたいとお考えの方は、賃貸に出して活用するという選択肢があります。

賃貸経営

空き家の維持費がかかるのなら、賃貸にだして少しでも収入を得たいとお考えの方は、賃貸経営をする際のメリットやリスクをきっちり理解しておくことがポイントです。

 

メリット

賃貸にだすと、家賃収入が得られるということが最大のメリットです。お家の大きさや立地など、さまざまな条件によって異なりますが、一戸建てで平均して月に約10万前後の収入があると考えます。安定して借り手がいれば、生活の足しになります。それに、放置していれば湿気がたまり、構造部分が錆び付き腐敗し、倒壊してしまう心配がありますので、誰かが使用しているというだけで空気の循環ができ、お家自体の劣化のスピードが遅くなります。もちろん、人が住むことにより劣化する部分もございますが、お手入れやメンテナンスでまかなえば、お家を良い状態で保つことができます。また、売却するわけではないので、将来住居として使用するとことも可能です。

リスク

賃貸経営は、メリットだけではありません。先ほどもお伝えしとおり、月平均で約10万前後の収入が見込まれますが、そこからメンテナンス費用や固定資産税なども経営している持ち主の自己負担になります。思わぬ故障や劣化により、修繕費がかかる場合もあります。また、入居者がいなければ、収入はもちろんゼロの状態ですので、ある程度は魅力ある物件でなければなりません。その為にも、場合によってはリフォーム費用なども必要になります。他には、入居者とのトラブルや、周辺住民とのトラブルが起こる可能性がありますので、経営する以上はいろいろなリスクを想定しておきましょう。

 

これは、あくまで自分で賃貸経営する場合を想定したメリットやリスクでございます。自分で始めるには、他にも開業や税金の手続きを踏まなければなりません。多少の手間はかかりますが、使っていないお家があるならリスクの部分もきっちり検討し、賃貸経営で少しでも収入が入ると助かりますね。放置をしていれば、いずれは劣化しかなりの費用をかけて解体し更地に戻すことになりかねません。そうならないうちに、いろいろご検討ください。

 

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談