空き家管理のお役立ち情報

空き家の外壁塗装の必要性

空き家を管理する場合、家の中のお掃除や換気についつい労力を使い、なかなか外壁のことまで気がまわらない方が多いと思います。住んでいないから外観にお金をかけてメンテナンスしなくても大丈夫だと思いがちですが、外壁の塗装を定期的に行うことはとっても重要なのです。

塗装をしないままだと・・

実は外壁の塗装というのは、お家のメンテナンスの中で最も重要な項目の中に入ります。
外壁は、建物の中で紫外線や雨・風といった、ダメージを一番ダイレクトに受けるところです。メンテナンスを怠ると表面の塗膜が劣化し、中に入った雨水がお家の重要な構造部分を傷めることになります。構造部分が傷んでしまうと大規模に全体をリフォームしなくてはいけなくなり、莫大な修復料金がかかります。そのような事態を防ぐにために一般的には10年ごとに外壁の塗装をするのが理想といわれております。フッ素樹脂やアクリル樹脂を塗装することにより、いろいろなダメージからお家を守ってくれるのです。
ただ単に外観の見た目の問題と言うわけではなく、お家の価値をきちんと維持するためにすごく重要な役目を果たします。

塗装のタイミング

先ほど、壁の塗り替えは10年に一度が理想と説明いたしました。あくまでこちらは目安として考えていただけたらと思います。実際、外壁をチェックしていただき以下のような状態になっていたら、塗り替えのタイミングだと認識していただき、しっかりメンテナンスをお願いいたします。
・ひび割れしている
・塗装がはがれてきている
・塗装の光沢がなくなっている
・塗装がふくれてでこぼこしている
・カビ・藻・サビなどがついている
・触ると手に白い粉がつく

空き家でも定期的に塗り替えましょう

人が生活しているお家なら当然ですが、空き家でもお家の状態をいい状態でキープし、大切な資産の価値を下げないためにも、しっかりとメンテナンスする必要があります。空き家になると、劣化の状況を見落としてしまい、どんどんとお家の劣化が進んでしまうことがあります。お掃除に訪れたときにでも、定期的に状態をチェックし、必要な時期に必ず塗り替えを行いましょう。

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談