空き家管理のお役立ち情報

お家の寿命は屋根で決まる!?

空き家はしっかり管理しましょう!と推奨していますが、一番見落としがちになるのが“屋根”の部分です。実は、家屋自体の寿命は屋根のメンテナンスをしっかりしているかどうかによって大きな差がでてきてしまうのです。

屋根のメンテナンスの重要性

屋根の部分は普段は見えない場合が多いため、管理が行き届かず、知らない間に大変な事になってしまう場合があります。まず、屋根の仕組みですが、一般的なお家の屋根には下に防水シートが貼ってあります。この防水シートのおかげで、家の中に雨が入ってくることを防ぎます。ですが、台風、地震、雨風などさまざまな状況によって屋根自体や中の防水シートが劣化し、雨漏りがおこります。天窓がついている屋根は、窓周りの防水材の劣化により雨が家屋の中に入ってしまうケースがあります。雨漏りを発見した場合は、すぐにメンテナンスが必要ですが、屋根からの雨漏りは断熱材に雨水が吸い込まれるため、少々の雨漏りでは発見できない場合も多くあります。こういった場合、家中カビが周り屋根裏などは入れないほどになっているなんてこともあります。

メンテナンス時期

屋根のお手入れの時期は5年ほどでお手入れが必要な種類の屋根や、15年以上大丈夫といった屋根など、種類や日当たりの状況などによってさまざまです。ですが、これはあくまで目安となりますので、雨漏りなどを発見したらすぐに業者に修理をお願いしてください。その場合、くれぐれもご自身で屋根に上がるというのは大変危険ですのでおやめくださいね。そのままにしておくと、どんどんと劣化が進み、最終的に全面的に工事が必要となり、莫大な費用がかかってしまうことになります。

空き家だからこそ屋根の管理を!!

居住している家屋でももちろん屋根の管理は必要ですが、空き家の屋根は特に重要です。放置することにより、劣化が進んでいることに気付かず、雨漏りしてしまった結果、久々に訪れた空き家の中がカビだらけで手の付けようがなくなってしまうほどになる可能性があります。そんな状態になってしまうと、柱も腐ってしまい、構造上の問題が生じます。また、ひび割れた隙間から害虫・害獣の侵入も考えられます。劣化状態の進んだ屋根は台風などが発生すると、屋根が飛んでいってしまい、近隣住宅や歩行者に多大な迷惑をかけてしまうと、責任を負わなくてはなりません。

このように屋根のメンテナンスは超重要だということです。いくら、室内や外観をお手入れしていても、屋根が劣化すると日ごろの管理が無駄になってしまいます。建物自体が劣化し危険だと判断されると特定空き家に認定されてしまいます。認定されると、行政の指導や強制解体、また固定資産税が高くなったりと、またまたお金がかかります。大事な家屋をいつまでも美しく、長持ちさせてください。

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談