空き家管理のお役立ち情報

空き家に潜む害虫たち

人の気配がない空き家には、害虫が大発生する可能性があります。湿気が溜まり、ダニやシロアリにとって好都合となり、家屋をだんだんと食害していきます。特にゴキブリやシロアリは周辺の家屋にも被害を及ぼす可能性があり、その場合大変な迷惑になりかねません。ここではそういったことが起こらないためにもいくつかの予防法や駆除方法をご紹介いたしますので、皆さまもしっかり害虫対策をお願いいたします。

空き家に繁殖する害虫とそのワケ

住居には、人が生活する上でゴミやホコリが当然ながら発生します。食べ残しや、髪の毛、フケなどは害虫のエサとなり、それをめがけて外から進入した害虫が住みつくようになります。人が住んでいる家は害虫を発見した場合、そのたび駆除することや、掃除をして定期的に予防することができます。空き家の場合、人が住んでいなくてもホコリは溜まりますので、エサを求めたゴキブリ、シロアリ、ダニ、ノミ、ハチ、ムカデなどいろんな害虫がよってきます。害虫にとってエサはあるのに危険が少なく、絶好の住み家となりますので簡単に大繁殖してしまいます。他にもネコ、ハクビシン、ネズミなどの害獣が住みついてしまう可能性もあります。その場合はフンなどにより、余計に害虫を発生させていまう原因になります。

害虫の発生を防ごう

まずは害虫を寄せ付けないように、お家を守りましょう。そのためには、定期的にしっかり空き家を管理することが大切です。掃除や換気をしっかりおこない、人の気配を感じさせておきましょう。特に床下の湿気が重要といわれています。床下を乾燥させることで室内の湿度も下がり、害虫の発生を軽減させることができます。室内だけでなく、お庭や門灯まわりの雑草などの処理も怠らず、害虫が発生しやすい環境を少しでも除去してください。とはいっても頻繁に掃除に訪れるということはなかなか難しいと思います。最近では太陽光を使った床下換気扇などがあります。太陽光で動く仕組みなので電気代はかからないのでエコにも繋がるかと思います。その他、オゾン発生器で害獣、害虫を追い出す役目のアイテムもあります。こちらは同時に消臭や除菌効果もあるとされていますので、皆さまの状況によっていろいろなアイテムの力をとりいれてみてはいかがでしょうか?

もしも害虫が発生したら

万が一、害虫が発生してしまったときは放置したりせず、必ず駆除しないといけません。放っておくと、家の柱などを食いつぶされ、倒壊に繋がるおそれや、他にもさまざまな危険があります。一般的なスーパーなどにも売っている燻煙剤などで駆除し、また再発生させないために掃除や換気を徹底してください。

もし、管理や駆除が難しい状況の方などは、弊社、空き家管理プログレスへおまかせください。日々の管理、害虫が発生したときの駆除など、お困りごとは出来る限り承ります。空き家管理で何か質問などがあればお気軽にお問い合せください。

害虫発生時は放っておくのが一番危険です。まずはきっちり害虫発生を予防して、寄せ付けない環境をつくっておきましょう。

 

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談