空き家管理のお役立ち情報

光熱費を抑える

空き家といっても維持するためには最低限の光熱費がかかります。カビ対策のためにも定期的に掃除や換気を行わないと、大切なお家を劣化させることに繋がります。他にも定期的に排水管に水を流さないと悪臭が発生乾燥で排水管が破損してしまいます。空き家の売却や解体を考えていない場合はしっかり管理して、良好な状態を保つために必要に応じて水道、電気などの契約をしておかないといけません。

月に数回しか利用しない場合でも基本料金がかかるため、少しでも無駄な料金を発生させないように心掛けましょう。

電気

特に電気のつけっぱなしは多く、数ヵ月後に空き家を訪れたときに部屋の電気が付けっぱなしなどといったことがないように、家を出るときは、管理に必要ない電気は部分的にブレーカーを落とすことや無駄なコンセントを抜くことなど気をつけてください。待機電力をカットすることは年間でいうと数千円もの節約になります。

水道

蛇口の閉め忘れにも気をつけてください。特に古いお家などは蛇口が緩んでいる場合があるのでしっかり閉まったことを必ず目視で確認するように癖付けましょう。

いくら気をつけていても記憶のない使用料金を請求される場合があります。よく温水便座や冷蔵庫のコンセントの抜き忘れなどがあります。ウォシュレットトイレは長く使用されていないと自動で洗浄される設定のものもあるようです。他に考えられるのは冬場に水道凍結防止用ヒーターや浄化槽のエアポンプが稼動している場合があります。

誰も住んでいないところの光熱費を払うのは非常にもったいない気がします。ですが空き家を常にベストな状態に維持しておくためにはライフラインは最低限確保しておくのが必須です。
空き家維持には他にも、税金・点検費・修理費・火災保険料などいろいろな経費がかかります。少しでも無駄な光熱費を払うはめにならないように、各自でしっかりと気をつけてください。

 

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談