空き家管理のお役立ち情報

空き家の所有者への課題

皆さま、現在の日本の空き家問題はとても深刻化しているということはご存知でしょうか?
空き家件数は年々増加傾向にあり、それに伴いさまざまな事件や問題が重要視されています。そこでここ数年、空き家を減らすためにと国を挙げての動きが活発化してきました。空き家を放置することにより罰則が与えられたり、税金が高くなったりと今までどおりただただ所有しているだけではダメという時代の流れになってきています。
空き家の所有者は今こそしっかりと検討すべきときだと思います。

意外に多い空き家放置の現実

国土交通省の調査によると、空き家の所有者の中で、売却や賃貸を考えているのはたった24%だということがわかりました。ということは特に何もしないままにしている人がとても多いのですね。さらに、日ごろから何も管理していない人は12.8%もいるとわかりました。
これは、実はすごく危険な事だと皆さまお気づきになられたでしょうか?

先程もお伝えしたとおり、空き家の件数を減らすために、今日本では国を挙げての対策を進めています。それが、『空き家対策特別措置法』や『空き家に係る譲渡所有の特別控除の特例』です。この二つを簡単に説明しますと、状態のひどい空き家を自治体が指定し、指示に従わなければ罰金や強制撤去されるというものです。(詳しくは“空き家減少への対策”と“空き家売却への控除”で書きましたので、ぜひご覧下さい!)

空き家を使用することもなくほったらかしにしておくと、このように国の決めたルールにひっかかることになり、所有者にとって悲しい結末になりかねません。
むしろこのままにすると先ほどの国土交通省のデータからすれば、空き家所有者の多くにそうなる可能性が十分ございます。

積極的に空き家の活用を

全体の調査をすると空き家をそのままにしている人の割合は多いですが、国の対策などの流れにより何らかの形で空き家を活用し始めようと動き出す人達はすごく増えてきています。
自治体に特定空き家に指定されないために、雑草の手入れや室内の清掃、外壁のメンテナンスなど、管理することがとても重要です。きちんと管理していればよりよい状態のまま維持することができますので売却や賃貸をお考えの際にスムーズに事が進められます。せっかく所有されているおうちが空き家のまま放置されているのであれば、今こそご検討のときだと思います。空き家の活用方法でお悩みの方は無料相談フォームからいつでもお電話お待ちしております!

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談