空き家管理のお役立ち情報

カビにとって好条件の空き家

お家の中は人が暮らさなくなったとたんにカビが生えやすい状態になります。人の出入りがある家は空気の流れができるので、湿気がたまりにくくなっています。空き家は頻繁に換気することが難しいため、空気はその場にとどまりカビの胞子が芽をだします。カビにとって、湿気やホコリの多い空き家はとても活動しやすい場所であります。

では空き家の所有者を悩ます“カビ”とはいったい何者なのか…ここでご紹介します。
カビとは
カビは微生物の一種で、普段私たちが生活している環境にも空気中に浮遊しています。大きな特徴として、胞子が芽を出すと色が出てきます。そのため、存在に気付きやすく空き家の問題の中では対策がとりやすくなります。ですが、一度繁殖してしまうと、表面だけではとどまらず、建材の奥までしのび込んでいきますので完全に除去するのはとても難しいともいえます。カビは高温多湿の場所に多く生息します。繁殖するのに最適な温度は20℃から30℃といわれています。もちろんこれ以外の温度のときでもカビの繁殖速度は低下しますがゆるやかに活動を続けます。湿度は60%程度からカビが増え始めるといわれています。また、ホコリはカビのエサになりますので、こまめに換気や掃除の出来ない空き家はカビの温床となるわけです。

カビ対策

少しの雨漏りなどでも空き家は空気が滞りやすいのでカビが大発生してしまいます。カビを予防するには換気が一番重要です。また、こまめに掃除をすることも大事です。エタノールやお酢を含ませた雑巾で掃除するなど工夫をしましょう。下駄箱など湿気の溜まりやすい場所は扉を開けておくほうが良いでしょう。湿気の多い梅雨時期はとくに、空き家をしっかり管理してください。

放置は絶対ダメ

空き家をしっかり管理していないと、カビにより柱が腐敗し、シロアリが発生し、家中をむしばんでいきます。そうなると大事なお家の価値が低下するほか、倒壊の危険もあり、自治体から解体の命令をされてしまうなど不幸な結果がまっています。また、長く放置した末、カビだらけのお家を掃除しに行ったときにその空気を吸い込むと身体に悪影響を及ぼします。喘息や肺炎など、命にかかわることにもなりかねません。
カビはとても恐ろしいものです。自分や周りの人たちのためにも空き家の管理を徹底するようにしてください。遠方の方は業者に委託するなど対策をとりましょう。

 

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談