空き家管理のお役立ち情報

劣化を防ぐ通水作業

誰も使用しなくなったお家はさまざまな理由で劣化が進みますが、水道を使わなくなることも劣化の原因の1つです。長い間水道を使わずにいると水道管の中が乾いて下水管から汚臭があがってきます。水道管には“排水トラップ”という部分に水がたまり、下水管の蓋がわりになっています。その水が蒸発することが原因で、臭いがします。それに水の流れない配水管はネズミや害虫の都合の良い通り道にもなりますので、部屋に住みつかれやすくなります。配水管自体も錆び付きもろくなり、亀裂がはいり破損する場合があります。

通水作業

その名の通り、配水管に水を通す作業を通水作業といいます。水道が使われていない空き家にはこの通水作業を定期的に行う必要があります。最低でも月に1度以上は行うのが理想的です。

水道を止めると

使っていないお家の水道料金はもったいないと思われる方も多いと思います。基本料金もなくなるので節約になるのはメリットですが、通水作業を行えなくなるので、上記でご説明しましたさまざまな問題が発生する可能性があります。排水トラップの部分の水が完全に蒸発してしまう状態になりますので排水管と下水管が繋がった状態になり、下水管からの臭いは家全体にまわってしまいます。換気をこまめに行っても強い汚臭は常にあがってきますので、臭い対策の為だけに水道の契約を続ける人も多くおられます。

このように、空き家を劣化させないために外側の管理はもちろんですが、内側の管理もおこたってはいけないということです。住んでいないお家の光熱費を払うのは、一見無駄なお金のように思いますが、劣化が進むとお家の価値はどんどん下がりますし、そのうえ行政から特定空き家に指定されれば、修繕費・解体費・固定資産税の増税など大きな負担となってしまう恐れがあります。

大事な財産はご自身できちんと管理し価値を下げないようにして頂ければと思います。

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談