空き家管理のお役立ち情報

放置された空き家のトラブル

日本では年々空き家が増え続けています。所有者によってきちんと管理された空き家はいっけん空き家には見えず、人の出入りが感じらます。そのため、余計なトラブルはおきにくいといわれています。一方、ポストに郵便物がいっぱいに詰まった家や、雑草が伸びきった家は、人がしばらく出入りした形跡がなく、空き家であることがすぐに分かり、いろいろな犯罪を誘発しかねません。
ではここで、具体的なトラブルをいくつか挙げていきます。

不法侵入

人の気配がない空き家は不審者がいつの間にか住みついたり、近所の子供がしのび込んで遊び場になったり、また猫やネズミが住みついて部屋の中を荒らしたりします。
いざ空き家を利用しようと考えたときにはもう住める状態ではないかもしれません。

不法投棄

空き家とわかったら、生活ゴミや大型家具など自由に放置していくという悪質なケースがあります。またそれを見つけた人がどんどん放置して所有者が気づいたときにはゴミ屋敷になっている場合があります。生活ゴミなどは放置すると悪臭が発生するなど、周辺にも迷惑をかけてしまいます。

劣化による倒壊

人の出入りがない空き家は換気状態が悪く、家中にカビがまわり腐ってきます。また外壁もだんだんと劣化していきますので、突風で剥がれ落ち、周辺の住宅や人に被害をあたえることになります。

 

まだまだ空き家放置で考えられるトラブルはたくさんあります。上記のようなことが起こってしまうと所有者が困るのはもちろんですが、周辺住民にも多大な迷惑がかかります。廃墟は景観を悪化させ、いろいろな悪質の犯罪に使われる恐れがあります。このようなことから周辺に暮らす人たちは安心して暮らせなくなります。
空き家を所有されている方はここまでのことを想定し、きちんと管理することが必要です。管理を怠ると驚きの速さで劣化が進みます。配管も傷むので定期的に水を流したり、換気をしたり、屋根を張り替えたりと、トラブルを防ぐためにも人が住んでいる家と同様にメンテナンスが必要ということです。

おすすめお役立ち情報

サービスプラン

空き家でお困りの方、空き家をどうにかしたい方 いつでもお気軽にご相談ください!

  • 電話番号0120-907-311
  • メールでのご相談